Home > 特別セミナー:英国独立学派第三世代の精神分析

公開:2015-08-04 更新:2018-12-07

横浜精神分析研究会 第8回 特別セミナー
英国独立学派第三世代の精神分析
―A.グリーンとC.ボラス以後―

■案内

鋭意製作中

■講師の先生のご紹介:

館直彦 先生

■司会:

北川清一郎(心理オフィスK外部リンク

■日程:

2019年11月17日(日)
10時00分~12時30分 第1部:講義
14時00分~16時30分 第2部:事例検討

■会場:

横浜市内(会場未定)

■参加資格:

臨床心理士や公認心理師、医師、ケースワーカー等の守秘義務をもつ心理臨床の専門家。

■臨床心理士ポイント:

日本臨床心理士資格認定協会外部リンクの資格更新ポイント(2条-4)に申請予定です。

■費用:

7,000円

■定員:

60名程度(先着順です)

■申込方法:

(1)名前(2)所属(3)メールアドレス(4)臨床心理士資格の有無、を明記して、以下までご連絡ください。銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申込確定となります。また振込み後の返金は致しません。

■事例発表者の募集

 セミナー後半の事例検討に事例を発表してくださる方を募集しています。発表事例の条件としては、個人セラピーや個人カウンセリングの事例でお願いします。メールや電話、スカイプ、集団で行なっている事例は不可とします。事例の構造としては、週1回以上の頻度で、1年以上継続されているものが望ましいです。発表レジュメは、事例の概要、生育歴、家族歴、治療構造、治療プロセスなどを8000文字以下ぐらいでまとめてもらいます。

 館先生に事例コメントをもらえる貴重な機会です。ただ参加して講義と事例を聞くだけではなく、発表してより深く勉強してもらえたらと思います。発表希望の方は参加申し込み時に事例発表希望とどこかに書いておいてください。

■申し込み先:

北川清一郎 宛 info@yokopsy.comメールアドレス

■主催:

横浜精神分析研究会

■後援:

心理オフィスK外部リンク

■過去の特別セミナーの開催の記録:

  日時 講師 テーマ
第7回 2018年7月22日 深津千賀子 先生 ウィニコットの母子関係論と治療論
第6回 2017年7月16日 祖父江典人 先生 ビオンの精神分析入門
第5回 2016年10月2日 祖父江典人 先生 対象関係論に基づく心理療法の進め方
第4回 2016年2月28日 飛谷渉 先生 現代の思春期・青年期のこころをめぐって:セラピー関係を深く理解するために
第3回 2015年9月27日 平井正三 先生 セラピストとしての仕事:こころについて言葉で考えることをめぐって
第2回 2015年1月25日 木部則雄 先生 アセスメントでの仕事:発達障害とパーソナリティ病理の交差
第1回 2014年8月31日 妙木浩之 先生 初回面接での仕事

運営サイト

心理オフィスK